東京海外旅行研究会とは
1977年に誕生 設立40周年目 に入りました!日本最年長?!旅行サークル!
10月28日に40周年記念例会を開催しました。たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。
11月〜12月にも 記念イベント を行います。
12月例会は、 大忘年会 を行います。


月1回程度、目黒を中心とした都内で例会(旅行報告・講演会・討論会)を開催。
他にも、テーマ別の特別例会、各国料理を食べる会などのイベントがあります。
会報誌『PASSPORT』を発行。
会員になると、イベントの参加費割引、メーリングリストでの情報交換、 会報の受け取り(会報あり会員)など、様々なメリットがあります。


40周年記念行事
当会設立40周年記念行事を開催します。今後の予定は、11/25「大阪記念例会」、12/9「大忘年会」、「おとな の社会見学&講演会」(日程調整中)など。
詳細は こちら をご覧ください。

例会予定
11月例会は、大阪で11月25日(土)14時より開催します。
会場は、
大阪府立江之子島文化芸術創造センター です。
例会のみの場合でも事前申込みが必要です。    

12月例会&忘年会は、12月9日(土)午後開催します。
会場は、
目黒中小企業センター 2階第一集会室です。
    旅行発表は、 こちら から登録をお願いします。
忘年会は、事前申込みが必要です。   
例会のみの場合は、申込み不要です。    
 
11-12月例会について、申込み先、内容などの詳細は、 こちら をご覧ください。

10月例会報告
10月記念例会&パーティーには、59名の旅の友が集まりました。

★発表
・たびっくすから見た若者の今の旅スタイル
当会と同じく海外旅行に興味がある人々(当会に比べ若者が多い)が集う旅行サークル(たびっくす)の幹事のお話でした。
たびっくすさんのメンバーによると、若者の今の旅スタイルは、
 ・インスタ映えする写真を撮り、誰かに見てもらうことが重要だ
 ・インターネットを駆使し情報を集めたり、カウチ・サーフィンや民泊もしたりする
 ・旅先では、カフェに行ったりショッピングしたり、普段どおり過ごす
です。

・中国雲南省 
中国の雲南省にお住まいだった方のお話でした、
茶葉古道の入り口、雲南省景洪について、詳しく解説していただきました。 同省の少数民族や同省の名産であるプーアル茶などにつき詳しく紹介していただきました。 プーアール茶には、生茶や熟茶があり、生茶は、熟成期間が10年以上のものもあり、それはワインのようにビンテージものとして 取り扱われ非常に高額で取引されます。

・沖縄移住者から見た世界
約半年前に東京から沖縄に移住した方のお話でした。
沖縄の様子は、東京の様子とは異なり東南アジアのそれに近いそうです。たとえば、子供が多かったり、ルールにしばられなかったり、定年までひとつの会社にいなかったり、副業している人が多かったりと自由な雰囲気です。お祭りが多いのも魅力的です。。
また、物価は東京の8割ぐらいですが賃金はそれより低いので、生活は楽ではないようです。湿度が高く天気が変わりやすいので、乾燥機だけのコインランドリーがあります。

★パーティー
料理やお酒だけでなく、
民族衣装ショー、外貨コイン交換会、ジャズピアノ、オペラのアリア、
H.I.S.社様に提供していただきました4万円分の旅行券および会員提供の賞品の争奪じゃんけん大会
のイベントがありました。特にH.I.S.社の旅行券争奪の時は真剣度が違っていました。



重要なお知らせ
www.kaigairyoko.org および kaigairyoko.org は、東京海外旅行研究会とは まったく関係はありません。内容について、当会は一切関与していません。
下記ツイートが表示されない場合、 こちら をご覧ください。